脱力系自己啓発書 雲黒斎氏著「あの世に聞いたこの世の仕組み」一味違う名著解釈w

PR

タイトルに惹かれて雲黒斎氏著の
「あの世に聞いたこの世の仕組み」を読んでみました。

読んだ感想を一言で言えば
脱力系自己啓発書

これに尽きます。

あの世に聞いたこの世の仕組みあらすじ

ごくフツーのサラリーマンの「僕」は
うつ病による記憶障害に陥ってしまい、
その病気を治そうとお医者さんにもらった
キツーイ薬を飲んだところ、
突然、守護霊と話ができるようになってしまいました。

守護霊から自己啓発書名言を学ぶ

守護霊さんと話ができるようになった主人公ですが
その内容が、いろいろな自己啓発書で
聞いたことあること目白押しです。
オムニバスで自己啓発書の名著のマインドを学べるので
コスパもいいかもですねw

スポンサーリンク

自己啓発名著の解釈がひと味違うw

ただ、解釈がひと味違う印象を持ちましたw

例えば、”ひらめき”が発生するときのメカニズムなんか
「あーそういうことだったんだ(笑)」と共感しました。

まとめ

「ザ・シークレット」「思考は現実になる」
「原因と結果の法則」などなど
どこかで聞いた話が出てきますが、
時に、ひと味違う、新たな解釈があります。

普段気にしないような、身近なことで、
新たな発見があると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする