遺伝子検査で効率的ダイエット!結果レポートでジムのトレーニング見直しのヒント

DNA遺伝子イメージ 健康

ダイエットでジム通いをしているが初めの頃は体重もみるみる減少して効果が目に見えて結果が出ている時期は気持ちがいい。だが体重減少ペースも次第に緩やかになり、「最近なかなか体重が落ちないな」という時期が来る。そんな時は「効果的なトレーニングができているのかな?」と不安になる。トレーニングを始めて数ヶ月経てばある光景だ。

心配することはない。アスリートでもスランプに陥ることは珍しくない。そういう辛いときに有効なのがトレーニング内容の見直し。今までこなしていたメニューに変化をつける時期に差し掛かった証拠。今後のトレーニング次第でさらに効果が出てくるか否かが決まる大事な時期だ。

科学的に自分の特性を知ることで効率良いトレーニング

自分にとって何が有効なトレーニングか、どんな運動を取り入れたらいいかを手探りで探し出すのは手間も時間もかかる。手探りでトライアンドエラーを繰り返しながら自分に向いている運動内容を見つけ出すのは非効率。今なら科学的にトレーニングの見直しの糸口を見つける手段がある。しかも手の届く価格帯で。

遺伝子検査を使うと自分自身の特性を科学的に知ることができる。何が自分の体は得意分野なのか、逆に何が苦手分野なのかを判明し、判定レポートの結果を考慮した上で自分に合ったトレーニング方法で内容を再構築することができる。スランプ脱却には闇雲に思いつくトレーニング方法を試すのではなく、まず自分自身の特性を知ることが近道だ。

データに基づくトレーニング方法や、遺伝子検査など最新の科学を取り入れたアプローチはプロのスポーツでも行われている。

遺伝子検査キットで自分の運動特性を知る

最近よく聞く「遺伝子検査」。病気にかかる確率や自分の身体がアルコールに対して強いか弱いかなど判定してくれるものまで様々な種類の検査が出回っている。「運動能力関連の遺伝子検査」も存在する。

一体体の中のどのデータをチェックして運動能力を診断しているかというと、代表的なのは筋繊維のバランスである。その他に運動能力遺伝子検査で判断に使用している項目は「血管収縮判定」や「エネルギー生産力判定」など。これら収集したデータを用いて総合的に運動適正を割り出している

遺伝子検査キットの調査項目、筋繊維のタイプとは?

運動能力遺伝子検査で使用されている3つの筋繊維タイプについて解説する。

速筋(白筋)型

瞬発的な力を引き出すことが得意な筋肉で適したスポーツはスプリント系短距離種目(陸上、水泳、スケート、自転車競技)その他柔道、相撲などがあげられる

水泳クロール

遅筋(赤筋)型

適したスポーツは長距離種目(マラソン、水泳、自転車競技、トライアスロンなど)で持久力を引き出すことが得意な筋肉を持っている

サッカーボールを蹴る人

両筋バランス型

適したスポーツは中距離種目(陸上、水泳など)や球技種目(サッカー、野球、バレーボール、バスケットなど)がある。

ランニングするアスリート

遺伝子検査の手順。痛くないの?郵送で簡単

遺伝子検査は口腔粘膜を採取するだけ。痛い注射もない。検査キットを郵送で受け取って、粘膜を採取して、郵送で送り返してレポートが届くのを待つだけ。

遺伝子検査結果だけに囚われすぎて運動内容を再編するのは好ましくないが、結果を参考に自身のトレーニングに見直しの糸口のヒントに生かしてみると伸び悩んでいたパフォーマンスの奪回につなげたい。

筋繊維以外にも「血管収縮判定」や「エネルギー生産力判定」についての詳細説明はバナーもしくはテキストリンクをクリック確認いただきたい。

口腔粘膜でスポーツ遺伝子を調べる【DNA EXERCISE】

コメント

タイトルとURLをコピーしました