猛暑が原因!?自然に切れたギターの弦。ヘビメタギタリストもクラシックギターに持ち替えか?

PR

今年の猛暑は生命の危険を感じるほど、1週間以上続いている厳しい暑さ。
今日も西日本や東日本は高気圧に覆われて晴れていて、15時までに、東京、大阪、名古屋、福岡、仙台など、全国233地点で最高気温が35度を上回り、猛暑日となりました。

名古屋で39.5度を記録し東京も今年最高気温を更新しました。

ナイロンギターの弦が切れるほどの猛暑

東京都杉並区高円寺のヘビーメタルギタリスト、デューク渡辺さん(仮名)は
外出先から帰ってくるなり異変に気づきます。

最近贔屓に愛用していいる
YAMAHAのサイレントギターのナイロン弦4弦が切れていたとのこと。

猛暑でギターの弦切れたYAMAHA SLG2000N

「びっくりしました。一体何があったんだって感じです。」

連日の猛暑でヘビメタルギターリストもクラシックギターに持ち替える事態に!

そもそもヘビメタルギタリストなのになぜナイロンギターで、
しかもサイレントなのですかという問いには、

「だって、暑いですもん。そりゃたまには
クラシックギターの優しく丸い音でポロポロ弾きたくもなります。」

「いつも肉を食べていたら、たまには魚が食べたくなるもんじゃないですか?
そんな感じです。」

取材に対し話はどんどん盛り上がり

「私はギターのネックが太いほうがしっくりしていいのですが、
クラシックギターはやばいですね!あれは太くてまさに骨太って感じです。」

とギターの握りの違いを猛暑のなか熱く語ってくださいました。

規模の経済の弊害か?ギター弦セットのほうが圧倒的に割安!

弦は全部買い換えるのですかという問いには、

「いや、まだポテンシャルを活かせると思うんですよ
コイツら(注:切れていない弦のこと)
だから、4弦だけ買ってまだ可能性にかけようと思うのですよ。」

紫カプセルを装着したPloomTECHの煙をくぐらせながら語っていました。

取材を終えると
「6弦セットで1200円くらい、4弦だけだといくらだと思います?
334円…CRAZYですよ。」と言ってニッと笑い、
背中を向けながら片手を挙げ、サヨナラしながら
青梅街道を新宿方面へと去っていきました。

不要不急の外出は控え冷房を

連日のこの猛暑、不要不急の外出は控え
屋内では冷房を利用し、意識的に水分を補給しながら乗り切ってくださいと
行政を始め有識者から注意喚起がなされてます。